アトピーの肌トラブル

Pocket

アトピーになると発生する主な肌トラブルと言えば、かゆみや発疹が一般的です。よく肌がかゆいからと言って強く掻くと、じんましんのように赤い発疹がポツポツと出ることがあります。通常であればすぐに元の肌に戻ることが多いです。しかし、アトピーの人は元に戻ることは少なく、発疹もアザのように大きく現れてしまうことが多いです。酷くなるとみみずばれのような感じになることもありますし、肌の表面がパリパリになることもあるのです。

トラブルアトピーはこのような症状が現れてしまうのですが、重要なのはどのような対策を講じるかです。何も対策をしないと、どんどん酷い状態になりますし、かゆみが酷くて我慢できなくなることもあるでしょう。そこで最も重要視するべきなのが肌の保湿です。アトピーになると肌が通用よりもかなり敏感になりますし、乾燥しやすくなります。簡単に言えば敏感肌と乾燥肌の両方の症状が現れるのです。そのため、保湿は必要不可欠となります。

重要なのは、ただ保湿をすればよいわけではありません。保湿の方法にもいろいろとあるのですが、まずは風呂にしっかりと入って清潔な状態にすること、その後正しい方法でスキンケアを行うことです。入浴も熱いお湯や長風呂は避け、体を洗うときにも強く擦らないようにしましょう。スキンケアを行うときには保湿剤などを用いることが多いでしょうが、刺激の強い物や添加物がたくさん使用されている物は避けるなどの対策が必要になります。