アレルゲンを避ける

Pocket

アトピーの肌対策としてはいろいろな方法があります。重要なのはアトピーの症状が強くなってから何かを行うのではなく、症状が酷くなる前に対策を講じておく必要があります。その方法は、アレルゲンを近づけないことです。アレルゲンは人によって異なるので、何が原因でかゆみが発生するのか、何が原因で発疹が強く出てしまうのかを知っておくことが大切です

保湿アレルゲンとなる物は多数あります。例えば汗や汚れも考えられますし、食べ物や飲み物、ダニやカビなども当てはまることもあります。ホコリやそのときの気候なども関係してきます。人によってはストレスや疲れによって症状が酷くなる場合もあるのです。このような原因をできる限り遠ざけることで、症状を抑えることもできるため、普段から対策を練っておかなければいけません。

しかし、いくら対策を練っても、肌の状態が酷ければ意味がありませんので、きちんとスキンケアする必要があります。アトピー肌のスキンケアの基本は保湿なので、定期的に保湿対策を行うことも重要です

保湿は肌のバリア機能を高める効果があるので、乾燥しているときとしっかり保湿をしているときでは、アトピーの症状も変わってくるでしょう。
アトピーケア製品として、浸透力や吸水力、保湿力に特化しているケア商品などもあります。自身の肌の吸水力が高まることで、保湿状態を維持することも可能になります。(参考:アトピーケア商品|みんなの肌潤糖

保湿するのに重要な製品は多数ありますので、自分に合ったケア商品を見つけられるようにしましょう。